しみぬき業務・クリーニング業務 両方から和服・洋服を手がけます「当店のこだわり」

和服の技を洋服にもしみぬき師だからできる他とは違う当店独自のクリーニング

当店では現在三名のしみぬき師(国家資格である染色補正技能士)が作業に取り組んでおり、通常のクリーニングでは落ち切れない汚れについて、本来は和服に対して行われる技法を、現代の洋服にも活かすことで、大変多くのお客様に喜んでいただいております。
油抜・水(汗)抜・漂白・柄足し(色掛け)など様々な古くから受け継がれている技法を、状況に合わせて適切に活用すること。私たちは日々洗いの技を学んでおります。
愛着のある洋服、思い入れのあるお着物を、長く着ていただき喜んでいただけましたら、うれしく思います。

しみぬき師の洋服洗いとは

  1. 当店のクリーニング

    汚れた衣類水洗い・ドライ
    しみぬき処 絹 こだわりの洗い技法はコチラから
    それでも落ちきれない汚れ・シミは染み抜き作業へ数十通りの技法でシミを1ヶ所ずつ抜き取ります。場合により染色も行います。乾燥・プレスクリーニング終了
  2. 一般的なクリーニング

    汚れた衣類水洗い or ドライクリーニング どちらか1つの洗い方になります。汚れを落とすには、その汚れに合わせた洗い方を行わないと難しいものです。ですが、ひとつの衣服でも、そこに付いた汚れは様々です。どちらか1つの洗い方のみでは、汚れ・シミが残ってしまうこともあります。↓↓乾燥・プレスクリーニング終了

国家資格でもある染み抜き作業は、経験と手間のかかる作業となります。
また、あらい(水洗い・ドライクリーニング)の作業も、汚れによっては数回繰り返して行いますので、一般的なクリーニングに比べ、お引き渡しまでのお時間をいただいております。一日で仕上げることは出来ません。洋服であれば1~2週間、和服であれば1~2ヶ月くらいかかります。
それでもお客様からは、品物見てふれて他との違いを実感し、感謝していただいております。
お急ぎの際は事前にお申し付けいただければ、ご相談に応じます。

当店からのお願い

私ども、しみぬき処 絹では、より確かなしみぬき作業を行なうために、直接品物をお持ちいただき、実際にその状態を職人が確認する方法を一番におすすめしております。
その上で正しいアドバイス、お見積り等をお伝えすることで、お客様に信頼していただけると考えております。

遠方のお客様へ

お電話、FAX、メール等では十分な情報が得られず作業の判断が出来ませんので、品物をご郵送いただき、当方で確認後に御見積り等をご連絡いたします。

標準的な納期(しみぬきの場合)

標準的な納期(しみぬきの場合)

受付の流れ

  1. 電話お申し込み

    ご依頼主さまのお名前・品物の種類・おおよそのシミの状態・希望納期、お支払い方法(お振り込み・代引き)等をお知らせください。

  2. クリーニングしてほしい品を送る(電話にてOKであれば)

    洋服、和服とも段ボール・紙袋等に入れてお送りください。
    (配送時には配送保険に加入される事をおすすめします。)

  3. 受付の流れ

    到着日を受付日とします。チェックリストにもとづいてお見積りいたします。
    [チェックリスト]

    • □品名、種類、素材 
    • □ボタン、チャック
    • □サイズ、寸法
    • □穴、ほころび
    • □色
    • □しみの状態、場所、数
    • □付属品(ベルト、帽子)
    • □ポケットの中(忘れ物等ないか)
  4. お客様へのご連絡

    診断結果とお見積もり、作業日数、お客様の納期日をお知らせします。
    [OKの場合]…職人が作業に入ります。
    [不可の場合]…再梱包して返送いたします。

  5. お客様へ仕上がりのご連絡(電話にて)

    発送日をお伝えします。

  6. 品物のお返し

    [お振り込みの場合]…入金確認後に発送致します。
    [代引きの場合]…準備ができしだい発送致しますので、宅配業者に代金をお支払いください。